児童支援

20歳未満の者が罪を犯した場合、少年事件として扱われます。原則として学校に連絡されるため、対応を誤ると留年や退学になることもあるのです。普段はどんなに素行のよいお子さんでも、万引きや暴行事件を起こしてしまう確率はゼロではありません。お子さんの将来にも関わる問題ですから、弁護士の働きによって早急に解決する必要があります。

犯罪被害者問題

犯罪被害者は精神的に大きなショックを受けており、それが原因で身体の不調を訴えることもあります。心ない噂やマスメディアの過剰な取材により、二次的な被害を被るケースも少なくありません。警察の捜査への対応や、長期にわたる裁判なども大きな負担です。私たち弁護士は、このような犯罪被害者の支援を積極的に行っています。

離婚・男女問題

夫婦が離婚しようとする時は、多くの課題が立ちはだかります。離婚自体への同意、お子さんの親権者の決定、財産分与、そして慰謝料請求。これらすべてを解決しなければ、平穏に第2の人生を歩むことはできません。DVや浮気といった問題が発生していたのなら、解決はより困難になるでしょう。弁護士を間に入れて、冷静に話し合いを行うのが確実です。

交通事故

交通事故は、責任の割合や補償の内容をめぐり、当事者間の争いが長期化しやすいものです。事故の発生直後は気が動転し、冷静な対応ができないこともあるでしょう。保険会社も絡む問題のため、自力で円満に解決するのは困難です。示談金の金額に不満がある、後遺障害の等級に納得がいかないといった問題があれば、ぜひ弁護士にご依頼ください。

一般民事

私たちの周囲には、さまざまなトラブルの火種が存在しています。騒音などの迷惑行為や、土地の境界線をめぐる争い、家賃の滞納、個人間の借金から遺産相続まで、その内容は多彩です。誰もが巻き込まれる可能性があり、泥沼化すれば平穏な生活を乱す原因となります。迅速かつ平和的に解決するためには、弁護士にご依頼いただくのが1番です。

債務整理・過払金請求

莫大な借金を抱えた人は、自力での返済が不可能になってしまうことがあります。借金に追われる生活が続けば、精神的にも大きな負担となり、病に倒れてしまうかもしれません。また、かつてのグレーゾーン金利の影響による過払い金も、大きな社会問題になっています。弁護士に相談し、最適な方法で債務整理を行って、返済生活から脱出しましょう。

刑事弁護

ある日突然ご家族が逮捕されてしまったら、皆さんはどうしますか?そのまま時間が経過すれば、逮捕の事実が職場や世間に知られる可能性は高まり、元通りの生活を送ることが難しくなります。楽になろうとして、やってもいない罪を自白してしまうこともあるでしょう。逮捕後48時間はご家族も面会ができないので、弁護士が唯一の味方です。

労働問題

日本では、労働問題が大きな注目を集めています。長時間労働や残業代・退職金の未払い、さらには不当解雇やパワハラなどの被害にあっていながら、泣き寝入りを余儀なくされる労働者も大勢いるのです。大きな力を持つ企業・雇用主に対しては、個人の力では十分に立ち向かえません。弁護士とともに労働者の権利を勝ち取りましょう。

法人

多くの人とお金を動かしている企業は、さまざまなトラブルに見舞われることがあります。取引先の契約違反や、従業員からの残業代請求、税務署や労働基準監督署からの是正勧告などは、珍しい話ではありません。企業活動を続け、社会的に信頼されるためにも、これらの問題を適切に解決する必要があります。専門家である弁護士の力をご活用ください。

アクセス

会社名 クレヨン法律事務所
住所 〒103-0004
東京都中央区東日本橋2丁目28番4号
日本橋CETビル2階
TEL / FAX 03-5843-4472 / 03-6332-9835
営業時間 月〜金/9:30~19:00(土日祝休み)
アクセス 東日本橋駅から徒歩3分

初回のご相談は無料です。まずはお気軽にお電話ください。
あなたのお悩みをお話しください。

メールでお問合せ ご来社予約