労働問題

不当解雇・退職勧奨

法律上、会社はそう簡単に従業員を解雇できません。会社に大きな損害を与えたなど、一定の理由が必要なのです。正当な理由なく従業員を解雇することを「不当解雇」といいます。たった1回の遅刻やミスが原因で解雇されてしまった場合は、明らかな不当解雇です。弁護士にご相談いただいて裁判を起こせば、高い確率で勝訴できます。

一方、会社側も対策を取っていないわけではありません。不当解雇で訴えられないよう、退職届を提出させたり退職合意書にサインをさせたりして、表面上は自主退職したことにするのです。「君は当社に向いていない」「解雇になれば経歴に傷がつくぞ」などといって、強引に自主退職を迫ることもあります。これを「退職勧奨」といいます。

もし退職合意書にサインをしてしまえば、あとで覆すのは困難です。会社をやめたくない時は、毅然としてその意思を伝えなければなりません。それでも執拗に退職勧奨が行われる場合は、不法行為として損害賠償請求の対象となります。会社から圧力をかけられているなら、迷わずクレヨン法律事務所にご相談ください。

残業

日本では、サービス残業や長時間労働が社会問題になっています。毎日会社のために遅くまで働いても、残業代がもらえなければ報われません。さらに、長時間労働が常態化すれば、過労死につながるおそれもあります。残業代請求や適正な労働時間の要求は、労働者に認められた権利です。自分や家族の生活と命を守るため、今すぐ弁護士にご相談ください。

労働災害

労働災害とは、職場での事故などによる負傷・疾病・死亡のことです。また、長時間労働による過労死や、セクハラ・パワハラ・職場いじめなどによる精神障害も、労働災害と認定されることがあります。

労働災害の被害者は、労働災害保険の給付請求や、損害賠償請求が可能です。しかし、会社が請求に応じてくれるとは限りません。また、企業イメージの低下を避けるために「労災隠し」が行われることもあります。損害を回復させて元通り働くためにも、労働災害が起きたら弁護士へご相談いただくのがおすすめです。

業務一覧に戻る

アクセス

会社名 クレヨン法律事務所
住所 〒103-0004
東京都中央区東日本橋2丁目28番4号
日本橋CETビル2階
TEL / FAX 03-5843-4472 / 03-6332-9835
営業時間 月〜金/9:30~19:00(土日祝休み)
アクセス 東日本橋駅から徒歩3分

初回のご相談は無料です。まずはお気軽にお電話ください。
あなたのお悩みをお話しください。

メールでお問合せ ご来社予約