離婚・男女問題

浮気・不倫

浮気・不倫は、パートナーに対する最大の裏切りです。けじめをつけて再発を防ぐためにも、しっかりと慰謝料請求を行わなければなりません。しかし、当事者間の話し合いは感情的になってしまい、なかなかうまくいかないものです。また、不貞行為(肉体関係)の証拠がない状態でパートナーを問い詰めた結果、逆に不利な立場に置かれる場合もあります。

もしパートナーに浮気の兆候が見られたら、まずはクレヨン法律事務所にご相談ください。現状の証拠で十分に戦えるかを判断し、判例に基づいた最大限の慰謝料を請求します。浮気相手に直接会わずにすむため、負担を最小限に抑えることが可能です。

調停

夫婦間での話し合いによる離婚がうまくいかない場合は、家庭裁判所に申し立てて離婚調停を行うことになります。調停委員を介して話し合えるため、配偶者と顔を合わせる必要がなく、冷静な協議が可能です。調停での結論は裁判の判決とほぼ同等の効力を持つことから、慰謝料などの取り決めを守らせる効果も期待できます。

しかし、調停はあくまでも話し合いの延長にすぎません。調停委員はどちらかの味方をしてくれるわけではなく、双方が合意しなければ調停は不成立になるのです。調停を有利に進めて確実に成立させたい場合は、クレヨン法律事務所にご相談ください。依頼者を法的に守り、最大限の利益が得られるよう力を尽くします。

慰謝料

離婚と切り離せない関係にあるのが慰謝料です。慰謝料は精神的苦痛を埋め合わせるためのお金なので、原則として離婚の原因を作った側が支払うことになります。慰謝料請求の理由となりえるのは、浮気・不倫やDV(配偶者間暴力)、悪意の遺棄(生活費を渡さないこと)などです。性格の不一致などによる離婚の場合は、どちらも慰謝料を支払う義務がありません。

したがって、慰謝料を請求したい場合はその理由を明確にするのが第一です。また、両者が合意すれば金額はいくらでも構わないのですが、話し合いで決着がつくことは少ないでしょう。クレヨン法律事務所にご依頼いただければ、状況と判例に基づいた適切な慰謝料金額を提案できます。証拠集めのアドバイスも行いますので、まずはご相談ください。

業務一覧に戻る

アクセス

会社名 クレヨン法律事務所
住所 〒103-0004
東京都中央区東日本橋2丁目28番4号
日本橋CETビル2階
TEL / FAX 03-5843-4472 / 03-6332-9835
営業時間 月〜金/9:30~19:00(土日祝休み)
アクセス 東日本橋駅から徒歩3分

初回のご相談は無料です。まずはお気軽にお電話ください。
あなたのお悩みをお話しください。

メールでお問合せ ご来社予約