債務整理・過払金請求

債務整理

自力では返済しきれないほどの借金を背負っても、法律に基づいた手続きを行えば、借金を減額・帳消しにすることが可能です。これを「債務整理」といいます。債務整理には主に3つの方法があり、それぞれメリット・デメリットが異なるため、最適な方法を選びましょう。

■任意整理
貸金業者と直接交渉し、利息や遅延損害金をカットした上で、元金のみを少しずつ返済していく方法です。「利息を支払うだけで精一杯」という方でも、借金を返済できる可能性が生まれます。裁判所を通さないため、債務整理をしたことが周囲に知られにくいのもメリットです。
ただし、原則として3年~5年程度で借金を完済しなければなりません。また、個人が貸金業者と交渉するのは難易度が高いため、弁護士にご相談いただくのがおすすめです。

■個人再生
裁判所を通じて、借金の支払いを一部免除してもらう方法です。自宅をはじめとする一部の財産は所有でき、就業の制限もないため、債務整理後も以前と同じような生活を続けられます。加えて、任意整理よりも減額できる借金が多いことから、より多額の借金を抱えている方におすすめです。 なお、債務整理後の借金を3年~5年で完済しなければならない点は、任意整理と変わりません。また、借金の総額が5,000万円を超えないことなど、いくつかの条件もあります。

■自己破産
裁判所に申し立てを行い、財産の処分と引き換えに借金をゼロにする方法です。支払不能に陥った方なら誰でも行うことができ、職業や収入などの制限はありません。認められれば、借金に追われる生活から脱出できるのです。
一方、自宅や自動車を含めた財産のほとんどを処分しなければならず、一部の職業に就けない、というデメリットもあります。クレジットカードの作成も難しくなる他、自己破産をしたこと自体にネガティブなイメージを抱かれる場合もあるでしょう。
しかし、莫大な借金を帳消しにできるのは非常に大きなメリットです。また、生活に必要な最低限の財産は所有でき、旅行などが制限されることもありません。支払いの催促に追い詰められ、自力ではどうにもできなくなったしまったのなら、自己破産は有効な選択肢となるでしょう。1人で悩まず、クレヨン法律事務所までお気軽にご相談ください。

過払金請求

「グレーゾーン金利」という言葉を聞いたことはないでしょうか。これは2010年まで存在した「利息制限法の上限は超えるが、罰則はない金利」のこと。具体的には、15%・18%・20%(借金額による)から29.2%までの金利を指します。多くの貸金業者は、金利をこの範囲に設定していたのです。
現在では、法改正によりグレーゾーン金利は消滅しました。加えて、グレーゾーン金利で借金をしている方は、利息制限法の上限を超えた利息を「過払い金」として取り戻すことが認められているのです。2010年6月17日以前に借金をした方なら、誰でも過払い金がある可能性があります。
ただし、過払い金の返還請求が可能なのは、最終取引から10年間です。クレヨン法律事務所では、過払い金の金額を無料でお調べいたしますので、お気軽にご相談ください。

業務一覧に戻る

アクセス

会社名 クレヨン法律事務所
住所 〒103-0004
東京都中央区東日本橋2丁目28番4号
日本橋CETビル2階
TEL / FAX 03-5843-4472 / 03-6332-9835
営業時間 月〜金/9:30~19:00(土日祝休み)
アクセス 東日本橋駅から徒歩3分

初回のご相談は無料です。まずはお気軽にお電話ください。
あなたのお悩みをお話しください。

メールでお問合せ ご来社予約