法人

一般企業法務

法人・企業では、契約書や就業規則の作成、タックスプランニング(節税)、M&Aなど、さまざまな場面で法律の知識が必要となります。このような企業法務は、法務部が担当することもありますが、やはり法律のプロである弁護士にご依頼いただくのが確実です。企業活動の多様化に伴い、法律問題も複雑化しているので、ぜひクレヨン法律事務所にご相談ください。

ベンチャー企業支援

ベンチャー企業は、新たなアイディアや技術によって社会を切り開いていく存在です。しかし、誰もやったことがないチャレンジをする以上、リスクは考慮しなければなりません。知的財産権の保護やリーガルチェック、紛争解決などは、特に気を使う必要があります。さらなる飛躍のために、ベテラン弁護士の力をご活用ください。

訴訟・紛争の解決

知的財産権の侵害、粗悪な製品の納品、支払いの滞りなど、企業間で紛争が勃発することは少なくありません。近年では、企業活動の多様化・グローバル化により、紛争が発生する機会も増加しています。また、残業代の支払いや労働災害をめぐる労働紛争も、企業活動に大きな影響を及ぼす問題です。多種多様な紛争を迅速に解決するためには、豊富な知識とノウハウを有するクレヨン法律事務所へご相談ください。

不動産法務

不動産業界では、所有権や賃料をめぐるトラブルがよく発生します。建物の施工不良や、迷惑なマンション居住者への対応なども、不動産トラブルの一種といえるでしょう。各種書類のリーガルチェックを弁護士にご依頼いただき、顧客や不動産業者との交渉もお任せいただければ、トラブルの予防・早期解決は可能です。お気軽にクレヨン法律事務所までご相談ください。

相続法務・事業承継

経営者にとって、事業の承継・相続は重要な問題です。後継者がおらず廃業を考えていたり、誰に何を承継させるか悩んだりすることもあるでしょう。特に中小企業では、株式が経営者一族に集中していることが多く、事業の承継問題=相続問題になりやすいのです。承継がうまくいかなければ、事業の衰退や廃業を招きかねません。

そのため、承継・相続に不安がある時は、早めにクレヨン法律事務所にご相談いただくのがおすすめです。会社の財務状況も考慮し、M&A(事業譲渡、会社分割など)も視野に入れて、最適な方法で事業を受け継ぎましょう。相続税に関する相談も可能です。

エンターテイメント法務

出版社や芸能プロダクション、映像制作会社といった企業での法務は、非常に専門的な知識が要求されます。作家やタレントとの契約・マネジメント、タレントがトラブルに巻き込まれた時の対処、著作権侵害への対応など、業界特有の問題が多いからです。クレヨン法律事務所は、幅広い知識とノウハウによりエンターテインメント企業を支えます。

業務一覧に戻る

アクセス

会社名 クレヨン法律事務所
住所 〒103-0004
東京都中央区東日本橋2丁目28番4号
日本橋CETビル2階
TEL / FAX 03-5843-4472 / 03-6332-9835
営業時間 月〜金/9:30~19:00(土日祝休み)
アクセス 東日本橋駅から徒歩3分

初回のご相談は無料です。まずはお気軽にお電話ください。
あなたのお悩みをお話しください。

メールでお問合せ ご来社予約